• How 3DL Sails are Made
    Watch how a North 3DL sail is made!
    Welcome to 3DL®. North Sails is the only sailmaker in the world that uses a patented, revolutionary sailmaking technology that thermo-molds sails as a unitary membrane on a full-sized 3-dimensional mold.
    © North Sails

    Play

    How is 3DL Made?


    © Guy Gurney 1) 世界各国のノースセールのセールデザイナーたちが、世界共通のノースセール・デザインソフトを使って、それぞれの国のお客様のセールをデザインします。

    2)それぞれのセールデザイナーたちは、デザインしたセールのデザイン・ファイルに、セール・ナンバー、ラフのボルトロープの太さ、タック・フィッティングの種類などのディテールを添付して、3DLロフトのロフトマネージャーのコンピュータに送付します。
    ___________________________________________________________________________________

    © North Sails 3) 3DLロフトのロフトマネージャーは、送られてきたデザインのセールの種類や大きさに合わせて、それに適合するモールドを選び、それをコントロールするコンピュータと6方向に自由に動く繊維敷設ロボットのコンピュータにそのデザインをインプットします。

    4)デザインをインプットされたモールドがむくむくと形を変えます。繊維敷設ロボットのガントリーに、指定された繊維(アラミド、ケブラー、カーボンなど)をセットします。
    ___________________________________________________________________________________

    © North Sails 5)モールドの上にマイラーフィルムをリーチに直角に並べます。マイラーフィルムにはアラミド繊維があらかじめ水平方向にラミネートされています。マイラーフィルムには2種類の厚さがあって、セールの種類、使用風域に合わせて選びます。

    6)モールドの上にあるガントリーにセットされている繊維敷設ロボットが降りてきます。ロボットはタック、ピーク、クリューの3点間を行き来しながら、接着剤付きの繊維を連続的にマイラーフィルムに張り付けてゆきます。繊維を敷設する密度、方向はセールの種類に合わせてコンピュータがコントロールします。繊維を接着するときにはその繊維にテンションが加えられた状態で固定されます。このプリテンションがないと、実際にセールに風圧が加わったときに繊維の初期伸び分の力をマイラーフィルムだけで受け持つことになって、セールシェイプがいびつになってしまうからです。

    メインセールや#3ジェノアなど、バテンのあるセールはこの段階でバテンポケットを付けます。繊維を半分入れたところで一旦ロボットを止め、ケブラーで補強したマイラーで作ったバテンポケットをデザイナーが指定する位置に入れます。その後残り半分の繊維敷設工程を再び開始します。つまり、バテンポケットは出来上がったセール構造の真ん中にあることになります。これによって左右両タックともバテンのテンションは同じにすることができ、またバテンポケットのエンドがランニングバックステイに引っかかって破れるようなこともなくなります。

    繊維はタック、ピーク、クリューの3点間を途切れることなく並べられ、セール全体に渡って繊維は連続しています。連続した繊維はタック、ピーク、クリューの3点間で折り返して次のコーナーに向かうため、各コーナーにはかなりの量の繊維が集まります。従って、理論的には3DLセールにコーナーパッチは必要ありません。一本一本の繊維は、モールドの上のマイラーフィルムに接着された時点でそれぞれが独立した、しかも連続した3次元の形を保持したことになり、その形はマイラーフィルムによって固定されます。
    ___________________________________________________________________________________

    © North Sails 7)繊維を敷設し終えたら、その上にマイラーフィルムを置きます。マイラーフィルムには熱によって活性化する接着剤があらかじめ塗られています。これをサンドイッチに例えると、2枚のマイラーフィルムがパン、繊維がハムなどの具、接着剤がバターかマヨネーズということになります。 ___________________________________________________________________________________

    © North Sails 8) 加圧・加熱によるラミネート工程に入ります。専用のビニールシートでモールド全体を機密パックし、その内部の空気をポンプで抜いて1気圧の圧力で2枚のマイラーフィルムとその間に挟んだケブラーなどの繊維を強力に押し付けます。そこに熱を加え、繊維とフィルムに塗った接着剤を活性化させて互いを強く接着させます。これらの工程によってラミネートが強烈になり、長期に渡ってセール生命を保つことができるのです。
    ___________________________________________________________________________________

    © North Sails9) 一定時間のラミネートが終わったら、熱が冷めるのを待ってセールをモールドから剥がしてフィニッシュ用のフロアに運び、仕上げ作業に入ります。ここから先は普通のセールの仕上げと同じです。セールの3辺にテープを付け、各コーナーを仕上げ、セールナンバー、テルテールなどを付けて、3DLセールはセールとして完成します。出荷前の厳しいチェックをクリアした後、3DLセールは世界各国のノースセールロフト、または指定されたレガッタ開催場所へ直接発送されていきます。